ヌメロンで解説が(久々に)間違えた?

| No Comments

2013-03-04放送のヌメロン第10回大会予選Bブロック第2試合梅田彩佳vs博多大吉戦。 梅田が3ターン目でHIGH&LOWをコールした場面。

Lost 2
981 0-1
567 0-0
LHL

この段階で10の位を考えると、2ターン目の結果により入る可能性のある数字は 8か9のみ。しかし8なら1ターン目でEATしていないといけないので、残る 9に確定する。

さらに1ターン目の結果により1は使われておらず、2はLostしているので、 100の位と1の位にそれぞれ0,3,4のいずれかが入る:

093
094
390
394
490
493

6択になった...はず。ところが梅田のコールは:

891 1-0

という無駄コール。しかも解説もこのコールによってようやく前述の 条件が導き出されたかのように説明した。

私はヌメロンはレギュラー化されてからしか見てなくて、少なくともそれ以降は 「解説間違えた」と思っても再検討すると自分が間違えてたパターンだったのだけど、 これは解説の方が間違ってる...よねえ。

ちなみにこの次の梅田のコールも

231 0-0

という緩手。ここは普通に直撃を取りに行けば十分だった。まあ前ターンと 合わせて考えると途中で考え違いしてたんだろうけど。

Leave a comment