「ゼロ・グラビティ」を見た

| No Comments

なんだか評判いいみたいなので2D字幕版を見た。確かに良かった。以下ネタバレあり。

「宇宙ものだけど科学的にちゃんとしてる」という話を聞いたので見てみたけど、確かに自分が気づいた範囲ではちゃんとしてた。一つだけ気になったのはスピンしながら大気圏突入した宇宙船が自然に正しい姿勢になったところなんだけど、構造的にそうなってるのかなあ。

もちろん次々トラブルが起こるのだけど、その内容のバリエーションが結構面白かった。デブリと火災辺りは定番だろうけど、パラシュートが引っかかるとか、表示が中国語とか、宇宙服でおぼれそうになるとか。

(声だけとか姿だけとかはいるけど)登場人物は本当にサンドラブロックとジョージクルーニーだけで、人間ドラマみたいなのが最小限に抑えられてたのも良かったかなあ。もっと少なくてもよかったけど、まあこれくらいなら許容範囲。

そんな感じで映像はとても素晴らしかったのだけど、音響はちょっと残念だったかなあ。まあ「プラネテス」ぐらいまで徹底するのは難しいのだけど、BGMもうちょっと抑えめでも良かった気がする。あと、突然目の前に死体が現れると同時に大きな音を出して観客を驚かせるとかこの作品に要らない気がする。

後、この作品の原題は"GRAVITY"。これを「ゼロ・グラビティ」と翻訳するのは誤訳に近いと思うなあ。エンディングの意味がなくなってしまうし。

というわけで惜しいところもあったけど全体的には良くできてて、大画面で見た価値があった。お勧め。

Leave a comment