npm installでランダムにハングするときの対処法

| No Comments

そろそろnode.jsを試そうか、と思ったらnpm installでランダムにハングするという症状に見舞われたのでメモ。

症状

そろそろelectronを試してみようか、と思ってWindows7にnode v0.12.7/npm 2.11.3をインストールして:

npm install electron-prebuilt -g --verbose

としてみると:

npm verb unlock done using C:\Users\xxx\AppData\Roaming\npm-cache\_locks\pretty-bytes-57419f0daafbeae8.lock for C:\Users\xxx\AppData\Roaming\npm\node_modules\electron-prebuilt\node_modules\electron-download\node_modules\nugget\node_modules\pretty-bytes

でハングする。仕方がないので^Cで止めて再実行すると今度は:

npm verb afterAdd C:\Users\xxx\AppData\Roaming\npm-cache\stringstream\0.0.4\package\package.json written

でハングする。また再実行するとちょっと進むのだけどランダムにハングする、という感じ。

(一応)解法

もともとnode.jsとか詳しくないのに日本語の情報が見つからなくて、探しまくった結果なんとか npmのissue を発見。 最初Windowsが悪いのかと思ったけどそうでもないっぽい。 ここに書いてあった:

npm config set registry http://registry.npmjs.org/org/org/

を実行したらあっさりと直った。 一応httpでアクセスするので自己責任だけど、引っかかった人の参考になれば。

Leave a comment